遺産相続とは

遺産相続によっては、相続人が引き継ぐ財産は、預金や不動産等の「プラスの財産」と呼ばれているものだけではなく、「マイナスの財産」という借金なんかも相続として引き継がなくてはならないのです。

したがって、相続をする際にはプラスの財産を調べるだけではなくて、マイナスの財産がないかどうかもきちんと調べておく必要があります。

また、マイナスの財産が明らかに多い場合には無理に相続をする必要がないということや、プラスの財産の範囲内で借金を返済することもできるといったことも知っておいたほうがいいですね。

借金というのは、親族に内緒でしているということが多いと思います。ですから、簡単に見つからないことも多いのが実情なんです。通帳の取引履歴であったり、金融業者との契約書や利用明細などが出てきたり、金融業者からの督促状が届いたりと、このようなことで借金の有無が分かることが多いみたいですね。

借金の有無は調べないで、大分後になってから借金があることが判明した場合には、相続破棄もできなくなってしまうので注意が必要です。

プラスの財産と、マイナスの財産を比較し、マイナスの財産のほうが明らかに多いような場合ですと、相続放棄の手続きをすることにより、文字通り「相続権を放棄する」ということになりますので、プラスの財産・マイナスの財産に関わらず、全ての財産を相続しないということになります。

借金の有無や金額がはっきりとしていない時点で、相続放棄をする方がいいかどうかの判断を下すのは難しいですよね。そのような場合には、相続をする財産の範囲内で借金を返済をすることのできる「限定承認」という方法を選択するといいと思います。この方法を選択すると、例えば一千万円の財産を相続した後に、1500万円の借金が見つかった場合、相続した1000万円だけを返済すれば、残りの500万円の減殺義務というのがなくなります。

相続放棄、または、限定承認のいずれかを選択する場合ですと、自分が相続人になったということを知ってから三カ月以内に家庭裁判所でそれぞれの手続きを行う必要があるので知っておいてください。

私の話になるのですが、私は離婚をしている実父が亡くなったときに、実子である私と姉に相続がきました。借金なんてないだろうと思って相続しますなんて簡単に言ってしまったもんだから、入院中の治療費も私と姉が支払わなくてはならなくなったという悲惨なことがありました。
私は貯金もなかったので、私が借金をして返済をしましたよ・・・・
主婦が組めるローン会社:http://www.syufuloan.com/

決してきちんとした生活をしていなかった父なのであり得る話ではあったのですが、相続について知識もなかった私たちだったのでこんなことになってしまったんです。。

 

続きを読む